激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

FRAGILE GREY 

今回は、いつもお世話になっております、まーくん様作、
「FRAGILE GREY」の感想記事を書かせていただきたいと思います。

結論から言いますと、神ゲーでした……!
処女作をここまで丁寧に、且つハイクオリティに仕上げた、
まーくんさんの技量と根気には非常に恐れ入ります……!

元々本作は、前にテストプレイ版として一般公開されておりまして、
そこで頂いたであろうアドバイスや意見などを取り入れ、
また、完全版のテストプレイヤー様のご助力もあってか、
テストプレイ版の最大の欠点であったユーザビリティの不満については、
完成版ではほとんどなくなっておりました。
その辺も相まって、私は想定クリアタイムの半分ほどの時間でクリアできましたね。

キャラやストーリーも魅力的で、
特に私はベンジャミンさん(以下ベン様)というキャラがお気に入りになって、
プレイ中ウザいぐらいベン様ベン様と歓喜のシャウトをしながらプレイしていましたw
ベン様はいわゆるツクールのRTPグラフィックなのですが、
それでもなお、ここまでベン様を魅力的に引き立てられたのは、
ひとえにまーくんさんの技量の高さゆえですね。
割と本気で、ベン様ファンアートをいずれ描かせて頂こうかなーと思っております!
なお、本当に描いたとしたら、ベン様ファンアート2回目ですw

心残りがあるとすれば、転職や料理を本編内で1回もしなかったので、
気が向いたときに強くてニューゲームを始めて、
その辺も楽しんでいきたいなーと思っております!
ドラクエリスペクトが若干感じられたので、
ここは2周目特典として、いわゆるエスタークとかダークドレアムとか、
その辺の隠しボスなり隠しダンジョンなりがあったら嬉しいですねー。

タイトルの「FRAGILE GREY」の意味については、
エンディングで色々と考えさせられましたねー。
気になる方は是非ともレッツプレイですよー!
スポンサーサイト

category: フリゲ感想

HopeColor 

久々の更新すぎるー! そんな新年2発目の記事はフリゲ感想!
いつもお世話になっておりますマグマさん制作ゲーム「HopeColor」です!

創作を物語のテーマにした、正統派王道RPGでした!
オリジナルシステムや見た目の素晴らしさといった要素は薄いですが、
純粋に中身で勝負しているという、最近あまり見ないフリーRPGでしたね。
戦闘バランスも良好で、ストーリーに集中できたのが良かったです!
メインのシナリオは一つの組織との戦いを描いていますが、
そこに創作話が挿入されてきて、一応クリエイターの端くれとしては、
登場人物一つ一つの台詞にグサグサ来ましたねー。
非常に色々と学ばされたゲームでした……!

ストーリーだけでなく、個人的に非常に唸らされたシステムの仕様に目から鱗でした。
本作では木箱を調べるとアイテムが手に入る場合がありますが、
あらかじめ「木箱にしか物は入っていない」とアナウンスされ、
お陰で木箱だけを調べていくだけで済み、しかもそれが爽快で、
探索の面倒臭さを排除して、且つ探索の楽しみも味わえる、
これは素晴らしい仕様だなーと褒めたい要素です。
高速ダッシュでマップを走るのが爽快なのもよかったです!
また、手帳機能でストーリーのあらすじを確認できるので、
プレイ中に間が空いても、次どうすればいいのかと迷う要素がなく、
正に長編RPGのお手本みたいな仕様だなーと感心致しました。

強いて気になったところといえば、既に他のプレイヤーさんも散々仰っている、
マップのだだっ広さと単調さ、辺りですね。
もうちょっと、様々なダンジョンの個性が表れていたらよかったなーと。
あとは、オープニング時点でのストーリー・演出方面を
もっとインパクトがあるようにしても良かったのではないかなーと思いました。

なるべくネタバレには配慮しましたが、以上となります。
私的には間違いなく神ゲーで素晴らしい作品でしたので、
興味持たれました方は是非是非プレイしてみてください!

category: フリゲ感想

ソルシエール年代記 ~騎士と魔道士編~ 

さて、予告していました通り、
今回は「ソルシエール年代記 ~騎士と魔道士編~」の感想を書かせていただきます。

やー、めっちゃ久々に王道長編RPGをがっつりプレイしたような気がしました!
初期バージョンでは結構ゲームバランスが過酷だったらしいですが、
私は難易度が緩和されたバージョンでプレイしたので、
それほどストレスには感じませんでした。

レビューで指摘されていた通り、序盤は騎士サイドが魔道士サイドを
あからさまに忌避しているので、人によってはもんにょりしてしまうかもしれません。
ただ、ここでプレイを断念してしまうのは非常にもったいないです。
この辺の両者の感情・価値観の溝は物語を進めていくに従い徐々に埋まっていって、
特にヒロインのミレイヤさんが主人公のフォルティスさんに心を開くシーンは、
思わず涙腺が緩んだレベルで感動しました(一枚絵は必見!)
その他諸々、伏線が繋がって真実が判明していく過程のカタルシスは十分にあって、
プレイモチベーションが上がり、一気に最後まで進められた構成はお見事でした!
注意点としては、本作はいわゆる「勧善懲悪」のシナリオ構成ではなく、
敵側にも思わず同情してしまいかねない可哀想な存在なので、
その手のシナリオが苦手な方はあまり向いていないかなーという感じです。

難易度が緩和されてからは大分プレイしやすくなったのですが、
それでもオリジナルシステム「Spad」にて早い段階で上手く調整しないと、
プレイヤーさんによっては物理的にハマってしまうかなー、と思いました。
ただ、このヘビーなゲームバランスはヘビーなシナリオにマッチしているという
印象も受けたので、あながち悪いというわけでもないですね。

色々書きましたが、完成度としては十分に高い作品になっております。
本作の前日譚「君と俺とひみつの夜空」も併せてプレイすると、
感動も一入でしょう。王道長編RPGに飢えている方は是非!

category: フリゲ感想

ワケありの暴君さん 

さて、今回はフリゲ作品の感想を書きたいと思います。
何気にブログにフリゲの感想を書くのは久しぶりですねー、
ここ数ヶ月はツイッターの方で済ませていてしまっていたもので(^^;

前置きはさておき、「ショコラいろのセレナーデ」「戦海ディザイア」でお馴染み、
レイさんの新作「ワケありの暴君さん」を先日プレイ&クリアしましたので、
ガッツリ感想を書かせていただきたいと思います。

やはり、レイさんの作品は
「どうやったらプレイヤーさんにゲームを楽しんでいただけるか」
ということをよく分かっているなーと思いまして、
ご多分に漏れず、本作も非常に楽しませていただきました!
意地悪先輩による仕掛けをクリアしつつ屋敷からの脱出を試みる女子高生、
という、なかなかセンスあふれるゲーム内容で、
ゲームジャンルとしては脱出アドベンチャーですね。
アドベンチャーゲームの類は、明確なヒントなしでとにかくあちこち調べ回る、
といった作品が多く、本作も僅かにそれに倣っている感じですが、
基本的にとても分かりやすくて難易度も易しく、ヒントも非常に親切なので、
ゲームが詰まるということはほぼあり得ないと言っていいです。
ゲーム慣れしているプレイヤーさんは恐らくノーヒントでも余裕でしょう。
ただ、謎解きのヒントをくれたり雑談もできたりもする、
事態の張本人・瑠璃哉(ルリヤ)君の反応がとても面白いので、
こちらも是非とも楽しんでみましょう。

ゲーム内容はもちろんのこと、やはりキャラがとても魅力的で、
特に瑠璃哉君は作者様であられるレイさんの趣味をめっちゃ詰め込まれているなー
とひしひしと感じられまして、こういう、キャラやゲーム内容から
作者様が透けて見えるのはフリーゲームの面白いところだなーと思いました。
あ、ヒロインの愛々子(ナナコ)ちゃんも結構な天然&プチ毒舌で、
面白い女の子でした! お胸様とおみ足もなかなか……w

ギミック解除というゲーム性と、シナリオやキャラの魅せ方が上手く融合した、
非常に良作となっておりますので、RPGツクールMV製ゲームが満足に動く
環境をお持ちでしたら是非ともプレイしてみてください!

以上、「ワケありの暴君さん」の感想でございました!

category: フリゲ感想

裏山薬草フェス作品感想 

今日でGWも終わりですね、あっという間でした。
そんな中……また、GWが始まるちょっと前から、
司令様が企画された「裏山薬草フェス」というフリゲ企画の作品を、
ぼちぼちプレイしておりました。
全部プレイ&クリアには至っておりませんが、
クリアした作品がある程度溜まりましたので、感想を書かせていただきます。
若干長いのでたたみました、続きよりどうぞ!
なお、作品順は登録が古い順から並べており、それ以外の他意はありません。
-- 続きを読む --

category: フリゲ感想

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード