FC2ブログ

激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「宵闇に輝く太陽と月」裏話その5 

あまりにもブログ放置っぷりが酷かったので、
今回は超お久しぶりのゲーム裏話について一筆します。

本作はカルト宗教団体が敵対する相手となっておりますが、
実はこれ、不謹慎かもしれませんが、「やっとこのネタを使えた!」と、
制作において非常にスッキリした題材でした。
既に何回か言っていることですが、私、大学時代に、
カルト宗教の勧誘に引っかかって、数ヶ月にわたり地獄を味わったので、
カルト宗教はそういった私怨ゆえに、死ぬほど嫌悪の対象なのです。

今までも何回か、宗教団体を敵対相手にした作品の草案を練っていたのですが、
どれも上手くまとまらず、何度もエターなってきたんですよね。
それが本作宵闇で、ようやく念願叶ったり、といった感じなのでした。
とはいえ、教団の闇を描くには尺不足な感があったので、
その点は反省点なんですけどね。

これをご覧の皆様! どうか、宗教勧誘だけにはくれぐれもお気を付けを!
というわけで、このシリーズはこれにて締めたいと思います。
スポンサーサイト

category: 雑記

フリゲ2017 

どうもお久しぶりです、若干間が空いてしまいましたね。

今年もフリゲ2017の季節がやってまいりました。
私も既にいくつかの作品に投票済みですー。
コメントは書いたり書かなかったりで、
コメント書かなかった作品については申し訳なく><

で、当方の投票対象作品は、


・カトレアよ、美しく――

・セゾンの太陽(データ更新したので投票対象)

・太陽と月のエトランジェ

・宵闇に輝く太陽と月


……となっております。
もしよろしければ清き一票をよろしくお願いいたしますm(__)m

フリゲ2017の公式サイトは以下よりどうぞ。

https://furige.herokuapp.com/2017/

category: 雑記

「宵闇に輝く太陽と月」裏話その4 

裏話シリーズに時間かけすぎだろという感じですが、今回はその4ということで。

クリア後のおまけの内容と若干被りますが、
元々は、本作をもって太陽シリーズは終結させようと思っておりました。
理由としては、キリのいい数字なのとマンネリ化防止のためです。

そんな訳で、前回ソレイユをメインに描いたので、
今回はリューヌをメインに描こうと思っていまして、
その辺の設定を色々と練ったんですね。
実は初期設定では、リューヌはビューテ出身の孤児だったんです。
で、街中の教会でリューヌが幼少時代を過ごしていた、
という設定があったんですが、下手にエタンセルなんつーキャラ作ってしまった関係で、
結局ソレイユメインに話を動かせざるを得なくなってしまい、
リューヌ関係の設定は総没となってしまいました。
シナリオ構築が上手い方だったら全部ひっくるめて描写もできると思うんですが、
私の場合、完全に技量不足でして……><

そのような経緯があったので、結局のところ、
リューヌの過去設定は未だに定まっておりません。
いっそ完全に秘密でもいいかなーとも思っていますけども(^^;
ソレイユとリューヌの関係性の発展も未定です。
リアル身内からは「この二人結婚させろ」と言われているのですが……。
さぁ、どうなんでしょうね……?

category: 雑記

「宵闇に輝く太陽と月」裏話その3 

またも間が空いてしまい申し訳ありませんでしたが、私は元気です。
最近、ちょっと嬉しいことがあったので、これを励みにもっと頑張りたいですねー。

さて、今回はソレイユの父親・エタンセルについてです。

本作にエタンセルを登場させることを決めた理由は、
ただ単に、モングラ素材屋さん巡りをしていた時にちょうどいい素材を見つけ、
「よし、今作ではこの素材を使わせて頂こう!」と思ったから、というだけです。
よって、エタンセルを敵対させること自体は揺るぎない設定でした。
とはいえ、ソレイユの父親が悪人という風にはしたくなかったので、
何かしら事情を設けようと思ってあんな感じにしたのですが……、
ええ、はい、ゲス不倫している時点でアレでんがな!\(^o^)/
そんな訳で、賛否が分かれているキャラであります。
これもアレですね……昔のFEやハーレクインのせいですね……。
ハーレクイン、結構好きなんですよ私……漫画しか読んだことないんですが(^^;

ようやく念願のアラフィフイケメンを登場させられて、満足ですw
年齢設定は48歳です。作者の画力の都合により、ゲーム内ではあんなんです。
《宵闇の悪魔》という異名は、ただ単に「天使と悪魔のゲームセレクト」用に
悪魔要素として強引にこじつけるためだけに命名されました。
何というか、謝罪……(;´Д`)

最後に、描いたはいいけど没にしたエタンセルの表情パターンの一つです。
没にした理由は、不倫ネタをこんなギャグ表情で茶化すわけにはいかないという、
倫理的な問題ゆえです。若干サイズが大きいので畳みました、続きよりどうぞ。

category: 雑記

「宵闇に輝く太陽と月」裏話その2 

前回からめっちゃ間が空きましたが、このシリーズです。
そろそろネタバレもあまり自重しませんよー。

ヴィダンの村の例の夜のイベントは、ぶっちゃけ現在非公開の自作品のネタの流用で、
大した新鮮味はなかったりします(^^;
台本制作時は、ソレイユに「この娘は抱いてはいけないような気がする……」
と心の中で台詞を喋らせていたのですが、
これを喋らせたらソレイユとルナの関係性が一発でバレてしまうな、
と思い、ゲーム制作時は削っていたりしました。

なお、ルナの立ち絵を用意しなかったのは、
ただ単にこのイベント内のルナのヴィジュアルの表現に困るから、というだけです。
用意したら下手すればR-15すら怪しくなってしまうので><
とはいえ、私程度の画力でどこまで、という感じもしなくはないですがw

それにしても……。
洞窟の魔物退治依頼のとき、何故ルナをあんなミステリアスな雰囲気にしたのか、
自分でも分かりません; 村長に何かされたわけでもないのに……。
まぁ、ソレイユに対する第六感が働いたとでも思っておきましょうか(^^;
正体については、完全に私の趣味です、ごめんなさい(;´Д`)
昔のFEやハーレクイン辺りから影響受けすぎですな><

ではでは、こんなところで。

category: 雑記

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。