FC2ブログ

激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

幸福と辛苦のアンビバレント<2> 

親戚まで巻き込んでしまったレベルの家庭内争乱が発生した関係で、
昨日はネットに浮上する気が起きませんでした……。
本当……安息が欲しい……。もう嫌だ……。

まぁそんなリアル事情はさておき、ルードと奥さんの馴れ初め話の続きです。
改めて小説を書くというのは難しいと痛感><
この続きはまた追々執筆していきますので、気を長ーくしてお待ち頂ければ!
行き当たりばったりで書いているけど大丈夫かなぁ。

全く、創作がなければ今頃どうなっていることか(--;
私から創作を取り上げると一体何が残るというのだろうか……。


たくさんの拍手どうも有難うございました!
-- 続きを読む --

category: 小説

にっきっき 

昨日の昼間、関東で大きめの地震が起きましたね。
相当広い範囲で揺れたみたいで、私の居住地域も震度1でした。
しかし、地震は全く慣れる気がしませんな……。
結構地震耐性できている人もいらっしゃるみたいですが、
あまり慣れすぎるのも危険が増して怖いものです。
いつどうなってもいいように、しっかり防災対策しませんと。
……とはいえ、我が家もこれといって大した防災対策はしていないという;
大きめの地震が起きるたびに言っている辺り、単なるおバカさんかも私;

まぁそんな訳で、昨日は色々とありました。
ちょっと家庭内でゴタゴタもあり、神経をピリピリ散らせてしまい、
あと少しで完全に心折れてしまうところでした。
結局何とかなったんですが、
頻繁に起きる家庭内のゴタゴタはマジどうしたものか><
しかも、昨日起こったこととはまた別の爆弾も抱えていまして、
最悪また家庭内大荒れになりやしないかとgkbrです……。

何というか、平穏無事に過ごしたいですね……。
なかなかままならず、本当に参っています。
もうこれ以上のトラブルは勘弁、疲れた、ハァ……。


たくさんの拍手どうも有難うございました! 荒んだ心のオアシスです……!
では、コメント返信ー。

>なつごろうさん
こんにちは、こちらこそご無沙汰しております……!
おぉ、こだわりシリーズが参考になって頂けているようで嬉しいです!
とはいえ、私も大した結果は残せていない分際のツクラーですし、
あまりエラソーなことは言えなかったりするのですが(^^;
私も処女作は酷い有様でしたが、経験が学ばせてくれたみたいな感じです^^
なつごろうさん、どうやらニコフェスに作品応募されるようで!
ご健闘をお祈りしております!
ゲーム制作は確かに難しいですが、楽しくもあるので、お互い頑張りましょ~!

category: 日記

一日遅れの敬老の日 

昨日は敬老の日であったことを完全に失念していた……など……。
もう祖父母世代の身内が皆無というのもあり、
すっかり忘却の彼方へなってしまったことへの虚しさが否めません。

まぁそれはともかく、オリキャラの老後を妄想してみましょう。


アッシュ:生涯現役で考古学者として一線を走っているんじゃないかなぁ
シェール:旦那さん(アッシュとは限らない)達と共に落ち着いた老後?
エルアード:じいさんになる前に死にます(ぁ)
カスケド:結局結婚できないまま義賊団のボスとして組織を支え続けるみたいな
クリストファー:家族に囲まれて幸せそうと思いきやコイツ早死にする(ぇ)
サフィ:案外大家族に囲まれて幸せな老後っぽそう
グレイ:作者からの愛特権で息子や孫などとともに幸せな老後!
ミーシャ:本編の時点で既にばあさんという年齢でお察しを
ジェスト:作者からの(ry幸せな老後です
カルン:老いてなお盛ん(意味深)
レアーネ:ジェストと共に幸せな老後です
ラディ:年老いるまで冒険者稼業を続けてその後は隠居しそう
ロゼッタ:普通に若いうちに結婚して普通の老後を送るんじゃないかなぁ
エレノス:PO本編をプレイして頂ければお察し
ユーリ:コイツに老後という概念は存在しません
ラシード:じいさんになる前に死にます(ぉ)
セリア:ラシードと子供たちを想いながらの老後なんじゃないかなぁ
ディルク:エレノスとは対照的な幸せな老後なんじゃないかと
マーシャ:案外幸せな老後を送るキャラナンバー1レベルみたいな妄想
ルード:ある程度の年齢になったら仕事引退して家族と幸せな老後かも
カミーユ:生涯現役で医者続けるだろうけど結婚は……?
マリウ:仕事も順風満帆で家族と幸せな老後っぽいけど子供は……?
ユリナ:女社長として生涯腕を振るい続ける上に普通に結婚もしていそう


何か「幸せな老後」というワードがやたら多いような気が。
自分の願望の表れかしらねぇ……?
なおアリオストの老後は略というか妄想するとキリがない……!

category: 雑記

「君がくれた輝き」のこだわり3 

君くれってか私の作品全般での断固として曲げないこだわりは、
確か大分前にブログ記事で書いたような気がしますが、
とにかく「サクサク進んでテンポよく」だったりします。

フリゲというジャンルの作品も、それこそ星の数ほど溢れております。
その中で、最後までプレイしてもらうにあたり大切なことの一つに、
「ゲームのテンポ」があるような気がするんですよね。
たとえ初見のインパクトが強くてプレイヤーさんの気を引いたとしても、
テンポよく進められないと、プレイ放棄する確率が高くなると思うのです。
実際、私自身もその手の理由でプレイ放棄したゲームは腐るほどあります。

で、「サクサク進んでテンポよく」とは何ぞ、というと、
前の記事に書いたウェイト命令の匙加減だったり、
マップの広さや構造の匙加減だったり、過剰ではない演出だったり、
戦闘難度やエンカウント率の高低だったり、辺りかなぁと。
この辺は、私が作品を作るにあたり、いつも気を付けている要素です。

とはいえ、私の作品がどれだけのプレイヤーさんに
最後までプレイして頂いているか、と言われれば謎ですね。
理由は、先程チラッと触れた「インパクト」かなぁと。
はっきり言って、私の作品は地味でインパクトが薄いのです。
見た目が悪い、これといって突き抜けている要素がない、
といった辺りはツクラーの毒舌な弟(実弟)から指摘され済みです。
この辺、何とか克服したい要素であります。

既に君くれのこだわり語りではないという説!\(^o^)/

category: 雑記

「君がくれた輝き」のこだわり2 

今日で「君がくれた輝き」公開から一ヶ月経過です。
総DL数が150も行っていない辺り、自分の底辺っぷりを痛感ですなー。
まぁ気は楽ですけどねー。

そんな訳で、こだわりシリーズその2です。

今作は、私の作品にしては珍しくギャグシーンがそこかしこにありますが、
「プレイヤーさんを不快にさせないギャグ」というのにこだわりました。
色んなフリゲをプレイしてきて痛感したんですが、
世界観をぶち壊す不条理ギャグ、文章だけがダラダラ続く鬱陶しいギャグ、
メタネタで笑いを取ろうとする性質の悪いギャグ、過剰な下ネタ系ギャグ、
などといった不快なギャグを用いたゲームがやたらと多いんですよね。
とにかく、私はこういった類のギャグは極力避けたかったんです。
なので、ボケとツッコミの緩急の加減、ダラダラ長くしない、
ある程度キャラ性に沿ったもの、といった辺りを意識して気を付けました。
結果、本作のギャグイベントについては好評となりまして、
作者としては感無量であります。

特にシリアスな世界観内でのギャグは基本、
それをぶち壊さないように、あくまでオアシス・清涼剤として用いる、
といったアクセントの利いたものでなければ、
プレイヤーさんにとっては大抵不快なものになってしまうと思うのです。
ギャグゲーといったものでも、上記に挙げた類のギャグは好まれないものです。

まぁ、ギャグは難しいですよね。
処女作のエルヴンではタブーやらかしまくっていましたし、
ある意味ブーメランですな。自戒、自戒っと。

category: 雑記

「君がくれた輝き」のこだわり1 

明日で拙作「君がくれた輝き」公開から一ヶ月経過です。
いやはや、早いものですね~。
そんな訳で、しばらく君くれ語りをまたもや書き連ねたいと思います。
今回はこだわりシリーズです。

プレイして頂けたならお気付きになったでしょうが、
今作はイベント間のウェイト命令を極力省きました。
大分前にツクール作品内のウェイト命令の是非の記事を書いた手前もありますが、
過去作をプレイし返してみて、「そんな記事書く資格なかったんじゃないの?」
……と言われても仕方ないレベルのウェイト命令関連の酷さに、
我ながら辟易したのと同時に、
こりゃプレイヤーさんにとって相当ストレスだったんじゃなかろうか、
と大反省した次第でして。
実は開発初期はウェイト命令バリバリだったんです。
しかし、実際に自分でプレイしてみて、あまりにもイライラしたので、
「いっそほとんど削ってナンボのもんじゃーい!」
……という訳でウェイト命令をごっそり排除したんです。

ここまで書いて、「あるぇ、君くれのウェイト命令関連の話、
前にもしたんじゃないか?」という感覚ががが!
前にも書きましたかねー……うーん、記憶が。
ともあれ、ウェイト時間を極力省いたというちょっとしたこだわりを、
今回ちょろっと語った次第でありましたとさ。


拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

創作天啓 

絵の修業を始めた! しかし絵ばかりでなく小説も先に進めたい!
ツクールもアイデア何とか搾り出して作りたい!
しかし趣味だけでなく仕事もしなければならない!
私のプーな脳味噌はバースト気味である!


(´・ω・`)


そこで、創作の天啓はいつ舞い降りるのかというお話。
既に過去に執筆していたらごめんなさい、忘れました。

一番多いのは、寝る直前だったりします。
とにかく就寝時間になるとアイデアがドババーと天啓!
君くれのオチの案もルードと奥さんの馴れ初め小話(執筆中?)も
寝る直前になって天啓が舞い降りて、妄想がギュンギュンしたものだったり。
妄想が働くのはいいんですが、
そのせいでなかなか寝付けない事もしばしば(^^;
こういった時は即座にメモをするなりすればいいんでしょうが、
目を開くと妄想が進まなくなるのでこまっちんぐ。
なので、妄想を覚えて翌日になったらメモする、といった形を取っています。

その次は外に出歩いているときですね。
出勤中は基本、iPodでツクールの素材BGMを流しているので、
特にツクール関連のネタは浮かびやすいです。
しかし、そうなると「働きたくないでござる! 絶対に働きたくないでござる!」
状態に陥るのでこれまた困るという;
出先では基本、メモする時間はおろか携帯を弄る時間も取れないので、
すんごいやきもきして、時間の流れが遅く感じたりw

他にも、風呂、読書、仕事中……といったものがありますかね。
何にせよ、頭を動かすのは大事ですねー。動かしすぎると疲れるんですが。


たくさんの拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

絵描き魂 

実父が急に絵描き魂に覚醒しました。
で、ネットで絵描き工程動画を見たりデッサン講座サイトを見たりしていました。


やはり私達兄弟の親だったか……!


そんな訳で、何ヶ月かぶりに私もデッサン画を描いてみました。
……うーん? うーん……。
何というか、「描く力に見る力が追い付いていない」といった感じで、
ある程度のクオリティは保っているものの、
何かどうもよくよく見るとあちこちおかしかったり。
ないし、立体感とかも不足していたり。
改めて、基礎力がないんだなぁと痛感しました。

という事で、初心者にもできるデッサン講座なるものをやって、
絵描き魂に覚醒した実父を筆頭に絵描きの修業をする事になりました。
近いうちに専用の鉛筆やらスケッチブックやらも購入し、
底辺絵師から脱却してみせる!(`・ω・´)シャキーン!

実父の至言は「やって出来ない事はない、やらずに出来るはずもない」なので、
絶対出来る、出来るはず……!
オラちょっくら旅に出て修業してくっぞ!


拍手どうも有難うございました!

category: 日記

私がブログを続けている訳 

ご近所様の話題に私も便乗して……。

私がブログを書き続けている理由は、SNSといった類では到底書けない、
創作妄想や作品、近況、といったものを吐きだすための自己満足と、
それを楽しみにしてくださっている方々の存在が嬉しいからです。
元々、私はSNSというものがあまり性に合わず、
SNSはミクシィ、ピクシブ、ツイッターに一応アカウントを所持していますが、
前者2つはほぼ放置、後者も基本的に朝の時間帯にちょこっとする程度で、
それ以外の時間帯の出没はあまりなかったりするのです。

何ていうか……SNSって疲れるんですよね。精神的に。
最近の精神不調は主にSNSが原因だったりする程に。
なので、今は自主的に敬遠している状態です。
一時はいっそ全部捨ててしまおうかレベルまで悩んだんですが、
精神不調のときにする決断は大抵ろくな結果を生まないので、
現状維持で細々と、といった感じになっています。

それに引き換え、ブログは精神的に楽ですし、
自分の思いをネットで発散する場として最適で、
また、自分の創作をオープンにする場としての最良手段なのですね。
拍手やコメントで記事や創作物への反応があるのも嬉しいですし。
SNSでそういった感情を得られないのは、
SNS特有の恐怖や疲弊が支配してしまうというのがあるかもしれないです。

人間って面倒臭いですね。私も十分面倒臭い人間ですが。
この辺の葛藤も創作作品に活かせないかなぁと思うこの頃です。


拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

アリオストという救世主 

精神が疲弊しきっていて、やることなすこと全部ぐなーん(--;
そんなときの薬草代わりは頂き物イラスト観賞。
うぅーん、私はまだ頑張れる……はず……!
それにしても頂いたイラストの圧倒的なアリオスト率よ……。

アリオストには本当、昔から救われているよなぁと。
昔はRPGツクール自作品内の登場人物という位置付けでしたが、
今はPFNW参戦キャラとしての認知度の方が圧倒的に高いですな。
未だにギルメン様や昔からの仲間の皆様方から弄られており、
本当、果報者であります。ありがたいことです。
最近頂いたイラストだけでも2枚とか、もう、涙ちょちょ切れます……!

そういえばツイッターでは散々話題に上っていますが、
ブログでは書いていませんでしたか(忘れてしまった;)
実は、あんな奴なのに、PFスンマロが事実上成立したんですよね。
ありがたいことに、カナリア傭兵騎士団の皆様だけでなく、
PFFKでお世話になった、
魔導研究機関フギンレイヴの皆様方からの認知度も高いのです。
更に、ちょっと公開は無理なんですが、
アリオストの相方さんの親御様から個人的にイラストも数枚頂いていたりします。
もう何度でも言いますが、めっさありがたいことです……!

クセの強い残念なイケメンのアリオストですが、
今後とも宜しくお願い致しますm(__)m


たくさんの拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード