激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

宝箱とは 

先日、改めて君くれの通しプレイをしてみました。
そうすると、作っている最中はまるっきり気にならなかった要素が、
客観プレイしたゆえか意外と気になったもので、
中にはテストプレイヤー様からご指摘受けた難点も気になったりして、
客観視点って本当大事だなーと思い知らされました。

中でも、ダンジョン内の異様な宝箱の多さが気になりました。
行き止まりには大抵宝箱が設置されていたという。
作る際の感覚からすると親切設計と錯覚してしまうものなんですが、
あまりにも行き止まりに宝箱ばっかりだと、
「あれを取りに行かねば!」と必然的に強要するみたいになってしまい、
ダンジョン探索の自由度を奪いかねないんですよね。
これを見事ご指摘受けたのですが、君くれではバランスの関係で直せませんでした。
ただ、本当その通りだなーとは思ったので、
これは次回作以降の教訓にしようかなと。

あと、宝箱の中身はといえば、ほとんど回復アイテム系だったのも失敗でした。
ゲームを進める上では全く必要性のない、換金アイテム・コレクターアイテム、
といったものも作ると面白かったかもしれなかったかなぁと。
この辺は敢えて避けていた要素だったりしたのですが。
や、特にコレクターアイテムともなると、
どうしたって全部集めたい、というプレイヤーさんも現れます。
その際、「どこにあるか教えてください」「取りに行くのが面倒臭いぞ」
といった質問やクレームの類の対応が非常に面倒臭いので。
私の周囲のツクラーさんで結構その手の対応に追われている方も
ちょくちょく見かけたりしますし、余計にそう思うというか。

いずれにせよ、ゲームというものは遊ぶものですし、
作る側もプレイする側も楽しみたいものですが、色々と壁があったりするものですね。


拍手どうも有難うございました!
では、コメント返信ー。

>星の夢さん
5周年お祝いのお言葉ありがとうございます!
この5年間色々とありましたが、ブログやツクールを続けられているのは、
周囲の環境と、星さん含めた親しい方々の応援があってこそです!
これからも状況が許す限りは活動を続けていく所存ですので、
こちらこそよろしくお願い致します!
スポンサーサイト

category: ツクール

5周年! 

そういえば、本日は弊ブログを開設してからちょうど5年です。
5年……もうそんなに経ったとは……。
5年前当時はまだ旧サイトがあった時代で、
このブログも旧サイトの一コンテンツに過ぎなかったんですよね。
それからおよそ7ヶ月後に旧サイトが吹っ飛び、
ブログ活動一本に絞ることにしたのですよなぁ……。

自作ゲームもまさかこんなに完成作が増えるとは思いませんでした。
2008年頃から1年1作ペースで作品を仕上げていき、
現在非公開作品やコンシューマ時代の作品を含めると、完成作品約10作という。
よくもまぁこんなに続けているものですね。趣味の道楽もここまで来ると。
やっぱり、私はツクールなしでは生きていけないです。
思えば、人生の半分以上をツクールと共に過ごしてきていますし。

ブログ開設から約3ヶ月後ぐらいからFSを作り始めたんですが、
確かあの頃、父が癌を発症して入院していたんですよな……。
今は全然再発の気配もなくそれなりに安定した生活を送っていますが、
手術の跡が未だに痛む時があるらしく、
あぁ、やはり現実に起こったことなんだ、と再認識しますね。
それもあって、FS以降、
私の作品内において「父」という概念の存在感が顕著になったような気がします。

家族一同今はそこそこ安定していることも、食べる物に困っていないことも、
奇跡の連続ゆえだなぁとしみじみと思い返す、ブログ開設5周年の当日であります。


拍手どうも有難うございました!

category: 日記

使ったことのないイベント命令 

私もツクール2000に触り続けて10年以上になる身ですが、
これだけ2000で完成作をリリースしてきたにもかかわらず、
一度も使ったことのないイベント命令があったりします。
それは、「指定位置の地形ID取得」「指定位置のイベントID取得」です。
これ、ツクール2000で自作システムを導入するにあたって
結構多用されるのではという印象で、
実際、この命令を駆使したであろう2000作品を度々プレイしてきましたが、
私は全く使ったことないですし、何より非常に残念なお脳ゆえ、
どういった命令なのか・どういった用途で使えばいいのか、
ということがまるっきり分かっておりません。

先日のオフ会で、この命令を使ってこういうシステムを作りました、
というお話を聞きまして、すんごい目から鱗でしたね。
ツクールレベルのプログラミングすら満足に出来ない身なので、
ただただ驚くばかりでした。
そりゃもう、このイベント命令すら満足に理解していないのに、
例えばVXやAceのスクリプトとか、理解出来ないに決まっているよなぁと;

もちろん、無理して使う必要はないんですけどね。
実際、私自身、これらの命令を全く使ったことなくても、
普通にRPGを作れていますし。
とはいえ、システム的に凝ったことをしたいんだったら、
やはり理解するに越した事はないですよね。

……そもそもいい加減2000以外でまともなゲームを作れというお話です\(^o^)/

category: ツクール

薬草をさがしに 

昨日、ふりーむさんで公開中のRPGツクール2000製RPG
「薬草をさがしに」というゲームをプレイしました。
そんな訳で、ざっと感想をば。

RPGツクール2000のRTP中心グラフィック素材、
ということで、見た目だけは非常に損をしています。
それがとてももったいない、超絶良作でした。
戦闘はほぼおまけみたいなものです。戦闘を楽しむゲームではありません。
このゲームの何が凄いって、シナリオ・テキストでした。


人を愛することとは何ぞ、人と死に別れることとは何ぞ。
生を受けることとは何ぞ、老いて死にゆくこととは何ぞ。
肉体とは、心とは。薬とは、医療とは。


このゲームの場合、人間ではなくエルフとモンスターのみの登場ですが、
哲学、精神論、といった深い部分を非常に丹念に描写しています。
この手のシナリオはめっさ好物なので、
ダダハマリ(とはいえゲームの規模は1時間程度)してしまいました。

あくまで私の好物だったというだけで、
人によってはもしかしたら受け付けないかもですが
(全年齢対象ですが、結構きわどい描写もありますので苦手な方は注意)、
上記の精神論の探求が好物という方には間違いなくお勧め出来ます。
こんなに感動したツクールゲーは久々でした。抵抗ない方は是非!

「薬草をさがしに」DLは以下よりどうぞ!

http://www.freem.ne.jp/win/game/7804


拍手どうも有難うございました!

category: ツクール

京都オフ! 

一昨日は、foreさん主催の京都オフでした!
メンバーはforeさん、ブッチーさん、島団さん、ぽかぽんさん、私、でした。
京都とか行くの何年ぶりでしたかねー、十数年ぶり?
新幹線に乗るのに至っては生まれて初めてでした。
あまりの人の多さにびっくりした……これが新幹線か……。

全員集合後は、電車に乗って四条河原へ!
そこでランチを食べたんですが、超美味しかったです!
で、何と、その場で島団さんからのイラストプレゼントサプライズ!
私はアイクのイラストを頂きました! やっほい!
その後は少し歩いて甘味処へ。
私は抹茶ミルクを飲みました。いやぁ美味しかった!
なおその場で父息子萌え語りしたら周りからドン引き(?)された模様。
甘味処を出たら、八坂神社へ。いかにも京都!……という感じでしたね~。

観光はこの辺で、その後はカラオケ。
カラオケの際、ブッチーさん自作のロボットがお披露目されました!
終始凄い凄いという言葉しか出てこないほど凄かったです……!
コントローラーでロボットを動かして、剣を装備して振ったという!
私にとっては全く未知の領域の創作分野ですわー。
それから皆さん本格的に歌い始めました。
私? 半分ぐらいガンダムソングでした(毎度のこと)

その後は居酒屋で少し飲んで、電車で京都駅へ移動して、
しばらくしたらぽかぽんさんとお別れ。お疲れ様でしたー!
ぽかぽんさんを見送った後は、残りのメンバーでしばしだべり通しました。
主にツクール語りでしたねー。ブッチーさんのツクール作品に期待!
そして私と島団さんは名古屋方面まで新幹線に乗っていって、
名古屋駅に着いたら島団さんから見送ってもらって、タクシーでホテルへ。
ホテルに着いたらシャワー浴びてソッコー就寝でございました。
なお昨日は家に帰って疲労のあまり爆睡三昧なだけでした。

foreさん、この度はオフ会の企画お疲れ様でした&ありがとうございました!
念入りなご計画のお陰で大変楽しませて頂きました!
メンバー様方にもお世話になりました、またいつかの機会にお会いしましょう!


拍手どうも有難うございました!

category: 日記

初体験してきます 

今日明日は旅行で不在ゆえ、この2日間はブログ・拍手コメントのお返事、
及びゲームのサポートは不可能となります。
誠に申し訳ありませんが、ご了承をばお願い致します。

そんな訳で、遠出してきます。
しかも、今回はいつもの名古屋ではありません。
京都まで行ってくるのですー!
そして、京都までの交通手段は、新幹線なのです!

……はい、私、約30年ほど生きてきて、
新幹線というものに乗るのは生まれて初めてなのです……(;´Д`)

なので、すんごい不安になって、
新幹線に乗ったことのある家族に散々質問乱舞をしてしまい、
とりあえず「新幹線は全く怖くない」程度は認識しました←
安全性の面においては特急電車とかの比じゃないぐらい高いらしく。
そうか、そうなのか……。

ともあれ、色々散策したり食べたり遊んだりしてきますー。
今って紅葉シーズン真っ盛りですかね?(私の地元では既にそんな感じですが)
だとしたら京都の紅葉って絶景らしいので、
可能であれば写真でも撮っておきたいものです。
なかなか行く機会のないところなので、いい思い出にしたいですねー。


拍手どうも有難うございました!

category: 日記

七つの大罪 

先日放送開始されたアニメの影響で、現在「七つの大罪」がマイブームです。
作者様の鈴木央先生の作品は、大昔ジャンプで連載されていた
「ライジングインパクト」の頃から結構好きで、
この当時からアーサー王伝説が元ネタの名前とかイラストとかがあったので、
いずれファンタジー作品描いてくれないかなぁと実は結構期待していたのです。
そして時は流れ、「七つの大罪」という王道ファンタジー作品と邂逅しました。

七つの大罪という存在についてはハガレンで知った口で、
神話とかそっち方面には全然詳しくないのですが、
本作はそれ抜きでも十分楽しめますね。
普通にRPGとかで成立しそうな物語構成なので、
いずれゲーム化したりするのかなぁなど。
主人公とヒロインの運命の出会い、旅する中次々と増えていく仲間、
激しいバトルシーン……こういう王道ファンタジーは大好きです。
こういう作品に巡り合えるとは、今の漫画アニメ界もなかなかやりますねー。
今のところギルサンダー最愛です。イケメン騎士! 敵っぽいけど!
……相変わらずのイケメンホイホイっぷりですね(;´Д`)

そしてふと思ったのですが、
私がこれまで作ってきた作品で、ザ・超王道純ファンタジー!
……と呼べるものってあったかなぁと。
エルヴンは微妙に違うし、それ以外の作品はほとんどリアルチックで、
純ファンタジーと呼ぶにはちょっと違うかなぁ、というのっきりで。
いずれ超王道純ファンタジー作品というものに挑戦したいですねー。
次回作は世紀末チックになるのかなーと思いきや、はてさて?


拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

幸福と辛苦のアンビバレント<3> 

さて、久々のコレの続きです。
ほぼ一ヶ月ぶりですね……一体何をやっていたのかと(;´Д`)
しかも、長さの割には物語的に大した進展はないというね。
まだまだ全然序盤ですよ! 多分!

もし矛盾点や日本語的におかしな箇所などがありましたら
こっそり教えてくださいませ……ソッコー修正しますゆえ……。


拍手どうも有難うございました!
-- 続きを読む --

category: 小説

設定語りの是非 

多分前にも似たようなことを語ったかもしれないことをば。

私は、作品を作る方でも触る方でも、
いわゆる「設定語り」というものが非常に苦手です。
ゲームの場合、OPとかで世界観設定説明をテキストでダダ流しされること、
小説や漫画の場合、設定語りだけで大きなファクターを占めているもの、
などといった作品は基本、生理的に受け付けませんし、
作る側でもそういったことは極力避けています。

例えば、君くれの《若き三星》についての設定も、
昔そういった存在がいた、ということ程度は匂わせていますが、
「《若き三星》とは云々かんぬん、彼らの所業は云々かんぬん、
彼らがしてきたことの影響は云々かんぬん、そして今では云々かんぬん……」
といった設定の説明的要素は一切省きました。
設定自体を全く考えていないわけではないのですが、
こういったことをすると、少なくとも私は耐えられないですし、
受け手側も嫌気が差すと思うのですね。
しかも、そういったことをボス戦の前とかでやられると、もう……。

私の場合、基本、キャラや世界観の設定は、先の展開を追っていくに従って
自然と徐々に受け手側に伝わっていくように気を付けて描写しています。
大昔作ったエルヴンはその辺できていなく、面目ない次第というか;

設定を壮大に練ること自体は否定しませんが、
その設定の伝え方に気を付けよう、というお話です。
さもないと受け手側を置いてきぼり、作者の超絶自己満に収まるだけ、
ということになるので。匙加減が難しいところですが。


拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

作ったことのないタイプのキャラ 

私が作った作品を読んだりプレイしたりしてくださった方は
薄々思ってらっしゃるかもしれませんが、
私の作品に登場するキャラは、大分嗜好が偏っております。
主にイケメンパパンがそうですね。いい加減にしろというレベルでorz
女性キャラに至っては、大半あまり差別化できていないように思います。

そこで、今まで私が作ったことのないタイプのキャラを挙げてみようかと。


・あざとい系ショタ

・ロリ

・筋肉ガチムチ女戦士

・クールビューティー女戦士

・男装女子

・獣人


……辺りかなぁ。ていうか圧倒的な女性率よ……。

この辺、今後いずれ作っていく作品で消化したいなぁとうっすら。
最後だけは私の技量の都合で今後もできる気が一切しませんが。


拍手どうも有難うございました!

category: 雑記

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード