激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

1000記事目! 

アリオスト(以下ア)「どうやら、このブログも今回で1000記事目らしいぜ」
ジェスト(以下ジ)「おぉ、めでたいな。……めでたい、のかな?」
エレノス(以下エ)「暇人の作者の賜物なだけだろう……」
ラシード(以下ラ)「というか、早朝の暇な時間帯の賜物、だな」
ジ「作者は早寝早起きだからね。健康的でいいじゃないか」
エ「健康的……と言うより、夜は眠くて起きていられないだけだ」
ア「夜は大人の時間なのにな! フッ……イケメン代表の俺が言うから間違いない!」
ラ「自分で自分をイケメンと言って空しくならないか、あんた」
ア「orz」
ジ「実際、今回は作者イケメンキャラズで統一らしいよ」
エ「その割にはこの中にグレイがいないが」
ラ「作者曰く『5人も対談で捌くのはキツイから』だそうだ」
ア「俺が言うのも何だが、キャラ被り激しいしな!」
エ「ああ。俺達は全員、一人称が『俺』なところとかな」
ジ「趣味全開にも程があるよ……」
ラ「さて、この対談の続きは畳むゆえ、『続きを読む』をクリックして見てくれ」
ア「あ、そうそう、拍手ありがとな! 毎度作者の励みになっているぜ!」


エ「作者、昨日の記事で自作ゲーム宣伝をしたろう?」
ア「ん、ああ。それがどうしたんだ?」
ラ「後になって、およそ2ヶ月前にも対談ネタで宣伝したばっかだと気付いたらしい」
ジ「バカだね、作者は」
ア「つーか、鳥頭?」
エ「お前に言われたらおしまいだろう」
ア「ンだとぉ!?」
ジ「まぁまぁ。ともあれ、これで少しは販促になっていればいいんだけどね」
ラ「なる訳ない。作者のブログは平均20~30人程度の訪問者という底辺だからな」
エ「……作者はいい加減、自分の作品はもう頭打ちと理解したらどうだ」
ア「フン、俺に至っては公開ゲーム作品がない!」
ラ「正確に言えば、あった事はあったが現在非公開」
ジ「『あんなん黒歴史だからもう公開する気ないよプー!』……が作者談さ」
ア「おのれ、作者ぁ!」
ラ「あんたはいいだろう、小説やPFで活躍中だし。俺は作業ゲーの主人公だぞ?」
エ「いや、お前らは全員主役だからいいだろう。俺はサブキャラだ」
ア「あのなー、俺からすればお前らはいいだろが! 全員子持ちでな! クソが!」
ラ「俺はEDで父親になるという立場だからアレだが、フム、フム……」
ジ「神の気まぐれで妻子の存在を消されたらしいからね、アリオストは」
エ「それは悲惨だな。妻は死んだが子は生きている俺は、まだいい方なのか……?」


ア「ここまで俺らに喋らせていて、やっぱ口調で差別化は苦労するんだとさ」
ジ「俺とアリオストはまだしも、エレノスとラシードは確実に被っているね」
エ・ラ「こういう口調と性格にした作者が悪い」
ア「お、ハモった」
ジ「いい加減似たようなキャラ性のイケメンを作るのはやめろと言いたいよ」
ラ「趣味がワンパターンにも程がある。そんなにイケメンが好きなのか」
エ「アリオストはお世辞にもイケメンとは言えんがな」
ア「ンだと!? この世紀のイケメンであるアリオスト様に対して何という口を!」
ラ「本物のイケメンは自分からイケメンとは言わん」
ジ「実際、俺は作中では一度も自分の事をイケメンとは言っていないよ」
エ「俺もだ。当たり前だがな……」
ラ「ただし、メタトーク乱舞のクリア後おまけ部屋は除く」
ア「グヌヌヌヌ……!」
ジ「作者の作るイケメンポジキャラはこんな感じとご理解頂く他ないだろうね」
エ「ただ、お世辞にもキャラの引き出しは多くないから、勉強しろとは言いたい」
ラ「時にはインプットも重要な創作作業だ。これを見ているそこのあんたも頑張れ」


ジ「で、少しはイケメンスペシャルになったのかい、今回の対談は」
ラ「微妙だな」
ア「よっしゃー! ここでイケメンらしく女性遍歴語りをだな……」
ジ「俺は一途だよ」
エ「俺も一途すぎるから復讐に走ったんだろう?」
ラ「一応、俺も一途」
ア「なん……だと……?」
エ「フン、こういうところにも作者の趣味が出ている訳だ、と」
ジ「そんな訳で、1000記事目は対談ネタでしたとさ」
ア「記念イラストでも用意できれば良かったんだがなぁ」
ラ「30000HIT時はキリリクイラスト拵えたくせに」
エ「文章に逃げた、といった感じだろうか」
スポンサーサイト

category: 対談

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1000-5590102d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード