激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

「無駄」と創作 

私自身自覚していますし、たまに第三者の方からも言われるのですが、
私の作品は、絵・小説・ツクール問わず、
「『無駄』がほとんどない」という特徴があったりします。
具体的にどういう事かというと……


絵:
人物画の場合、無駄な装飾とか小物とかをほとんど入れず、
完全に機能性・現実性重視で描いている

小説:
元々無駄な設定垂れ流し描写とかが嫌いな傾向にあるので、
自分が実際に書くときもその辺の描写はほとんど入れない

ツクール:
「回復アイテムがごちゃごちゃ無駄にたくさんあっても邪魔なだけだ」
と、HP・MP全回復アイテム、ステータス全回復アイテムのみとかにしたり、
「無駄にだだっ広くて分かれ道の多いダンジョンは嫌いだ」
と、やたら簡略化したダンジョンマップを作ったりなど


……辺りでしょうか。

で、これらのそれぞれの短所を挙げますと、


絵:
結局のところ、どいつもこいつも似たようなキャラデザインになってしまっている

小説:
そういう要素を極端に省く事によって、物語の世界に入りづらくなったり、
キャラに共感しづらくなったりしてしまっている

ツクール:
選ぶ・探索する、などといった楽しみを排除してしまっている


……辺りですかね。

私の創作作品は、概ね以上のような傾向にあります。
なので、いい加減その悪癖(?)を何とかしようとウヌヌとなっている訳ですが、
一度付いた自分の癖はなかなか直らないものでして……。
まぁ仮に克服できたとしても、無駄が多い作品はいい作品なのか、
と言われればそんな事はない訳で。匙加減が難しいですね。
優れた創作人様はその匙加減を上手くやっているのだから頭が上がりません。
私もこのそそり立っている壁を何とか崩したいなぁと思っている所存です。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1021-4e3f2350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード