激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

140文字小説 

最近、ツイッターにて仲間内で
「指定の語句を2つ使って140文字小説を書く」というのが流行っています。
私も3つほど書きましたので、そのうちの2つを晒そうと思います。
1つ除くのは、その作品のクオリティがあまりにも酷いので……orz



1.「声」「黒」を使って140文字小説

男は、長い黒髪を左手でかき上げた。右手には剣。刃から紅い血が滴り落ちる。
「フン、脆い……」
その声は低く、重かった。
彼の者は、修羅。復讐に全てを捧げた、哀れなる者。
こうしたところで、大切な者が戻ってくる訳ではない。ただ、剣を振り、人を殺める事――それが男の生きる意味なのだ。

あとがき:

ハイハイどう見てもエレノスでございます。安定の厨二ですね、ええ。
140文字ジャストに抑えるべく四苦八苦したら、
一部強引な表現が発生してしまい、ちょいと反省。



2.「楽しみ」「なびく」を使って140文字小説

今日は少年が楽しみにしていた、球技クラスマッチという学校のスポーツ行事。少年はスポーツが得意だ。彼が参加するのは、バレーボール。跳躍すると、少年の僅かに長い髪がなびいて、しかもこの端麗と呼べる容姿に、学校中の女子が歓喜する。
「よし、頑張るぞー!」
少年は気合いに満ち満ちていた。

あとがき:

リア充爆発しろ! はい、言ってみたかっただけです。
これも140文字ジャストです。ジャストにするのはこだわり。
「なびく」を「なびいて」と変形させてしまい、ちょいと反省。



また機会があればやろうかと思います。意外と文書きのリハビリになって楽しいです。
はいはいアリオスト物語進めましょうねーorz


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 小説

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1119-c853bec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード