激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

創造のノスタルジア 

紅白RPG作品プレイ記その2は、
私側も何回かゲームプレイ記を書かせて頂いておりますJ-trさんの作品、
「創造のノスタルジア」でございます!
とある兄妹が過去のツクール(作中は「ツール」という表記)を触って、
エディットやプレイをしていくうちに、
ちょっとしたハプニングに巻き込まれる、というお話です。

これは、「過去に実際に発売されたツクールのツールとしての性能」
に着眼点を当てた作品です。
とにかく、これまでの数々のツクールの小ネタや仕様がかなり再現されており、
実際に触ったツクールに関しては「懐かしい!」「あー、あったあった、こういうの」
という、作品のタイトルにもなっている「ノスタルジー」を感じさせられました。
とはいえ、ゲーム自体の完成度も十分に高いので、
過去のツクールをろくに知らなくても、
普通にゲーム作品として十分楽しめると思われます。

以下、ちょっと気になった点。


・エンカウント率が若干高め?
・毒の状態異常になったまま戦闘終了すると、一瞬謎のフラッシュが起こる
(多分これは解決しようがなかった仕様かも)
・物語後半、主人公に喋ってほしかった(男女選択制なら尚更)
・オート戦闘の性能ェ……


ぐらいでしょうか。
それにしても、オート戦闘の性能の悪さは謎すぎるなぁ。
拙作ユーリ外伝と同じスクリプトを使っていると思われるのに、
ユーリ外伝はあまりにも性能が良すぎたせいでボス戦でもオート戦闘オンリー余裕、
一方ノスタルジアでは、「HP全然減っていないのに平気で最強回復魔法連発」
「弱点を突いた属性攻撃を全然してくれない」など、
とてもじゃなくオート戦闘機能を使う気になれず、途中から手動に。
この差は一体何故発生したのだろうか……。

まぁそれはともかく、エロスな女性型のモンスター、モングラ全て自作、
などのJ-trさん安定の個性とこだわりにも感服です。
正直、これだけの作り込みの深さを持つ作品を、
たったの1ヶ月ほどで作られたとは、あまりにも凄すぎます。
是非このままの路線を突っ走ってくださいませ!

次のJ-trさんの作品は、今度こそ「WoMT~あったか紅茶が飲めるまで~」かな?
体験版をプレイしようかとも思っておりましたが、もう制作も終盤みたいですし、
このまま完成版を待つ事にしますー。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: ツクール

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1229-25cb549c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード