激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

140文字小説 その4 

久々のコレでございますー。
今回は、従来のものに加え、変化球を加えたお題小説も書きました!
ではでは、つまらないものですが、どうぞ!



1.「飛翔」「頭上」を使った140文字小説

男は敵に対し、剣を構えた。辺りを包む緊張。しばしこの張り詰めた空気が漂う。
先手を切ったのは敵の方だった。空高く飛翔し、男の頭上までやってきて、そのまま急降下する!
しかし、男は怯まなかった。敵の攻撃を剣で受け止め、弾き返した。そして、一撃の下、敵は断末魔の叫びを上げたのだった。

あとがき:

要するにいつもの私の戦闘描写です!(ドヤァ)
本当、もっとどうにかなりませんかね……戦闘描写……。
あと、お題的にもっと明るい内容にもできたはず……アウチ!



2.「まぶしい」をテーマにした(ただしその語は使わずに)140文字小説

今日は君の誕生日。誕生日プレゼント、何を贈るか散々迷ったさ。どんなものだったら君は喜んでくれるだろうかと、色々と悩んでね。
そして、僕は薔薇の花束を買った。花言葉――それは「永遠の愛」。
「誕生日おめでとう!」
「ウフフ、ありがとう!」
そう言う君の笑顔は、さながら太陽だったよ。

あとがき:

テーマ小説、難しいですな……! 半ばこじつけになってしまった><
一応、「太陽」で「まぶしい」を表現した……つもり……。
あと、恋愛物を書くと何故大抵一人称視点になるんですかねぇ。



3.「絵を描く」をテーマにした(ただしその語は使わずに)140文字小説

それはある夏の日。僕は車で木々生い茂る山へと向かった。
流れる雲、眩しい太陽。吹き抜ける風、それは爽やかに頬を撫でる。
森羅万象の神秘の体現――まさにそれがぴったりな、崇高な自然だ。
僕は駐車場に車を止め、トランクから白いキャンバスとクレパスを取り出した。
きっと、傑作になるさ。

あとがき:

テーマ「絵を描く」を言葉として使わずにどうやって小説にすればいいんだー!
……と悶絶しながら書いた作品です(;´Д`)
まだまだ実力不足……というかこれ自然描写がメインになっているような……。



という訳でした!
テーマ小説……これなかなか面白いです! めっさ難しいですが!
文章の修業に持ってこい! むん!(`・ω・´)
スポンサーサイト

category: 小説

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1287-ebc5b6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード