激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

「君がくれた輝き」裏話3 

「君がくれた輝き」の軽い裏話も3回目になりますが、さてはて?

前にもブログ記事で少し書きましたよう、
本作はユーリ外伝のリベンジとして作ったつもりだったりします。
ユーリ外伝の失敗はストーリーとキャラだったので、
とにかく今回は作品内でストーリーやキャラの魅力を殺さないよう、
細心の注意を払いました。

特に気を付けたことは「作中で何でもかんでも語らない」
「いい意味で想像の余地を残す」といった点です。
作中で本筋と関係ない要素でダラダラ展開させたり、
密度を濃くしすぎてプレイヤーさんに想像の余地を与えなかったり、
といったことを極力避けました。
なので、ストーリーを進めるにあたり、
色々と謎な部分(矛盾とかではなく)もあったりしますが、
そこは想像で補ってくださればと思います。

この辺、今やっている朝ドラの「花子とアン」の影響も多々あったりします。
視聴している方なら分かるよう、「想像のツバサを広げよう」というやつです。
物語創作のお話の朝ドラは確か「ゲゲゲの女房」以来だったかと思いますが、
こういった作品にはどうしたって触発されやすいです。
私は花子さんとはちょっとまた違ったベクトルの創作者ですが、
観ていて色々共感を覚える部分がありますね。

作品を作る過程で何に出会い、影響されるか、というのは本当、分かりませんね。
前回記事でも書いたるろ剣実写版の件といい。
やはり、インプットは大事だなぁと思います。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1472-c8e977b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード