激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

弄られイケメン 

ルード(以下ル)「対談……?」
カミーユ(以下カ)「そうよ。オリキャラ同士の対談とか、
 中二の極みといわれているわねぇ?」
ル「中二!?」
マリウ(以下マ)「お前は厨二イケメンだからいいけどよ、何故オレまで?」
ユリナ(以下ユ)「そーよそーよ! 巻き込まないでよ!」
ル「俺は知らん! 全ては作者が……」
カ「ここで『作者が~』とか言っちゃうと、ホントアイタタターなのよねー」
マ「昔はしょっちゅうだったらしいがな」
ユ「はいはい、これ以上墓穴掘るのはやめましょ!」
ル「……何て言われようだ……」
カ「ルード? へこたれるとルード弄りが加速するだけよ?」
ル「何だそれは!」
マ「ルード弄り……略称LI……」
ユ「RIかもしれないわよ?」
カ「どっちでもいいじゃない」
ル「お前らぁぁぁぁぁぁぁぁ人を何だとぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
ユ「はぁ……黙っていればイケメンなのに……」
マ「物語本編中で既に崩れているって、結構レアなケースじゃねぇか?」
カ「レアも何も、初めてじゃないかしら?」
ル「セシルゥゥゥゥゥお父さんはいぢめられても負けないからなぁぁぁぁぁ!!」
カ「…………」
マ「…………」
ユ「……こ、この続きは折り畳んであるわ! 見たい人だけどうぞっ!
 あと、拍手どうもありがとう!」


ル「……orz」
カ「うーん、本来だったらシリアス一辺倒だったはずなのにねぇ」
マ「たまにはユーモアも入れないと堅苦しいだけだろ」
ユ「まぁ、影響を受けた作品が作品だし?」
カ「『おろ?』とか入れても良かったかもしれないわねー」
マ「そ、それはさすがにマズイだろ……」
ユ「更に居候ニートだったら完璧だったわね!」
ル「俺は働いている!!」
マ「あ、あぁ……はぁ……いちおーお前父親だしな……」
ユ「え? マリウさん、結婚しているのに子供がいないの、そんなに気にしてる?」
マ「仕方ねーだろ……子供まで養うだけのキャパなんざねーからな……」
ル「フッ」
カ「……何その勝ち誇った顔」
ル「やはりイケメン属性持ちは優遇されるということだ」
ユ「中身は残念なのに?」
ル「orz」
カ「ルードは外見イケメン、マリウは中身イケメンだからいーじゃないのよっ!」
ユ「あ、カミーユさん、自分だけ相手がいないからやっかんでいるの?」
カ「…………」
ユ「こ、怖いっ!」
マ「ヘッ、コイツのコンプレックスには触れてやるなよ」
カ「…………」
マ「あ、わ、悪かったから、とりあえず武器はしまえ、な?」
ル「フッ、とりあえず全員残念ってことでFA?」
マ「オレまで一緒くたにすんじゃねぇ!」
ユ(《若き三星》って……こんなに残念な人達だったのね……)


ル「と、というかなぁ! 昨日の小説は何だったんだっ!?」
カ「きっと名前だけ一緒の人違いよ」
マ「何か着々とアリオストの道を通っていっているような気がするんだが」
ル「言うな……言うな……」
ユ「まさかのゲーム本編で道を誤るなんて……」
カ「そして漫画が追い打ちで?」
マ「今回の対談がとどめってワケか」
ル「言うなぁぁぁぁぁ!」
ユ「いい加減にしないと怒られるかもしれないわ、ハァ」
カ「多分小説の続きで株アップ図れるかもしれないから、今後とも宜しくね?」
マ「果たして次のアップはいつになるんだかっつー感じだが」
ユ「ルードさん、元気出して、ね?」
ル「(´・ω・`)」
スポンサーサイト

category: 対談

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1484-1339a48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード