激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

「君がくれた輝き」のこだわり3 

君くれってか私の作品全般での断固として曲げないこだわりは、
確か大分前にブログ記事で書いたような気がしますが、
とにかく「サクサク進んでテンポよく」だったりします。

フリゲというジャンルの作品も、それこそ星の数ほど溢れております。
その中で、最後までプレイしてもらうにあたり大切なことの一つに、
「ゲームのテンポ」があるような気がするんですよね。
たとえ初見のインパクトが強くてプレイヤーさんの気を引いたとしても、
テンポよく進められないと、プレイ放棄する確率が高くなると思うのです。
実際、私自身もその手の理由でプレイ放棄したゲームは腐るほどあります。

で、「サクサク進んでテンポよく」とは何ぞ、というと、
前の記事に書いたウェイト命令の匙加減だったり、
マップの広さや構造の匙加減だったり、過剰ではない演出だったり、
戦闘難度やエンカウント率の高低だったり、辺りかなぁと。
この辺は、私が作品を作るにあたり、いつも気を付けている要素です。

とはいえ、私の作品がどれだけのプレイヤーさんに
最後までプレイして頂いているか、と言われれば謎ですね。
理由は、先程チラッと触れた「インパクト」かなぁと。
はっきり言って、私の作品は地味でインパクトが薄いのです。
見た目が悪い、これといって突き抜けている要素がない、
といった辺りはツクラーの毒舌な弟(実弟)から指摘され済みです。
この辺、何とか克服したい要素であります。

既に君くれのこだわり語りではないという説!\(^o^)/
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1492-6aa22031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード