激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

状態異常のお話 

今回は、フリーRPGにおける、いわゆる状態異常のお話をします。

私も人の事を全く言えないというブーメラン承知ですが、とかくフリーRPGでは、
序盤から状態異常攻撃をバンバンやってくる敵が多いように思います。
状態異常攻撃は安易に設定しやすい行動パターンなので、
作る側としては敵に個性を持たせるためのうってつけの手段だったりします。

ただ、例えば序盤でまだパーティーメンバーが一人のときとかに
行動不能系(睡眠、麻痺など)の攻撃をやってこられたり、
物理攻撃主体のメンバーしかいないときに暗闇攻撃をやられたり、
魔法攻撃主体のメンバーしかいないときに沈黙攻撃をやられたりすると、
それだけで詰まりかねない&プレイ放棄しかねない要素だったりします。
なので、加減やタイミングにとても気を付けないといけません。

また、私の作品では全く出来ていない要素なので大きな口を叩けませんが、
例えばこの町の次のダンジョンでは麻痺攻撃する敵が出てくるぞー、
というサインとして、店に麻痺回復アイテムや麻痺防止アクセサリーを置いたり、
エキストラにそれについて喋らせたり、というのもいいかもしれません。
これは大体において序盤の展開ぐらいにしか使えない手法かもですが。
こういったヒントなしで状態異常攻撃をバンバンしてくる敵を登場させる、
というフリーRPGは意外と多かったりするんですよね。はいブーメラン!

あと、味方側の状態異常攻撃系特技の扱いも悩ましいものです。
市販のRPGでも、例えばDQとか、ラリホーやマヌーサ、マホトーン、
などといった呪文は私はほとんど使った記憶がありません。
逆に、敵が使ってくると凄く嫌らしいのですが。
味方側が使う状態異常攻撃の存在感を出すために、
私の場合、例えばPOのエレノスの暗黒剣とか作ったりしましたが、
暗黙の掟として、ボスには状態異常攻撃は基本的に効いてはならないんですね。
例外も多々あるものの、少なくとも私はおもっくそタブー犯してしまっています。

語るとキリないですね、この辺。
ともあれ、フリーゲーム制作者様の一助になれば幸いでございます。
……前にも語ったことがあるお話のような気がするのはどうしてだろう(汗)


たくさんの拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1500-bdc211fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード