激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

DPS-Dの思い出とツクール 

今回はフリゲ展春作品感想はお休みしまして。

先日、ツイッターのフォロワーさんが、
当時のツクラーにとってはほぼ唯一のツクール作品公開場所であった、
「電撃プレイステーションD(DPS-D)」の読者投稿コーナーで掲載された
RPGツクール3作品について語ってらっしゃったので、
とても懐かしく、当時の事を色々振り返ったりしていました。

DPS-Dに掲載されて今でも名作と語り継がれている有名な作品に
「ALcHEmysTic(アルケミスティック)」というものがありまして、
それをプレイして「私もいつかDPS-Dにツクール作品を投稿したいなぁ」
と思い始めました。
とはいえ、それからもツクールはほとんど自己満で作りかけては
エターなってばかりでして、なかなか決定打には至りませんでした。

それが覆ったのは、「OVER LORD」というDPS-Dツクール作品との出会いでした。
リアタイでは大学受験直前により多忙でプレイ不可だったんですが、
進学に伴って引っ越して単身生活が始まった際に、
暇な時間を使ってプレイして無事クリアし、
作者様に手紙で感想を送ったんですよね。
そのとき、手紙内に「私もRPGツクール3でゲーム作っています」と書いたら、
お返事で「完成したら是非ともプレイさせてください」というお言葉を頂き、
それで初めてツクール作品制作を完成に向けて頑張りだしました。
こうして完成した作品が「ELVEN POSTERITY」で、
後にDPS-Dに採用された作品だったのです。

ていうか、何度も話している事ですね(^^;
RPGツクール3が、DPS-Dが、数々のツクール作品が存在しなかったら、
今の趣味とか人間関係とか、ほとんど存在しなかったかもしれません。
数々の偶然と運命が巡り巡って、今も私はツクールを続けています。

ツクールは素晴らしいです……これの存在なしでは生きていけません。
ここ数年、ニコフェスとかフリゲ展とかのお陰で、
ツクールというかフリゲ界隈が再び活気づいてきたような気がします。
今後もツクールはフリゲ制作ツールの筆頭的存在として、
その地位を不動にし続けてほしいなと思っております。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1678-559a8e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード