激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

物語の尺とは 

お陰様で、昨日時点でテストプレイ結果報告が出そろいました。
いつもお早いお仕事感謝です、そして色々ご指摘感謝です!
私のゲームのクオリティはテストプレイヤー様のお陰で成り立っています!

シナリオ面のご指摘も多々頂いたので、色々修正していたんですけど、
何というか、短編でこれなのに、長編になると一体どうなるんでしょうかね……。
論理的思考能力なんざ皆無なので、絶対どっかで破綻する!\(^o^)/
ちょっと長いお話を考えた結果がエルヴンなのでお察しを……。

まぁ冗談はともかく、私の作品は何故短めにまとまるかといえば、
何度かこのブログにも書いてきていますよう、
「無駄の徹底的排除」の結果なんですよね。
いわゆる長編と言われている作品には、一つの目標に辿り着く前の間間に
本筋とは関係ないエピソードを
いくつか導入しているものがあったりしますが(全てではないです)、
私の場合、一つ目標を決めたら、その目標まで一直線で、
寄り道を一切しないんです。
電車に例えるなら、さっきの例に挙げたような長編作品は各駅停車で、
一方私の作品は新幹線みたいなものなんです。

果たしてどちらが作品としてのクオリティが高いのかはひとまず置いておいて、
私もいずれ「各駅停車」系の作品の作り方も挑戦してみたいなぁ、
……ってな感じのことを、先日荒川版「アルスラーン戦記」一巻最後の
田中先生と荒川先生の対談を拝見して思ったのでした。
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1695-bfc746f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード