激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

if要素について 

何故私の作るゲームはマルチEDがほとんどなのかというと
(現在公開中の作品でマルチEDじゃないのはユーリ外伝のみ)、
正規ルートの他に別の道がある、いわゆる「if要素」が好きだからなんです。
物語において「もしこの展開でこうなっていたらどうなっていたのだろう」
という妄想をするのが昔から好きですし、
そもそも、リアル生活においても、
「もしあの時こうだったらああなっていたのに」
という、ポジネガ両方の「if」を妄想するのが相当昔からの癖なんですよね。

この辺も、私の作品におけるリアリティを確立している要素だと思います。
人の生き様に「if」を絡め、多角的に「人」というものを描くのが好きなんです。
実力がある人は、その「if」までも正規ルートに絡めることができますが、
何分私は実力がないのでこういった仕様にしているのですね。

こういった物語構成をするにあたっては、
やはりツクールでゲームという形にするのが一番楽なんです。
前にも書いたような気がしますが、
私の制作スタイルは、「ゲームを作る」というより、
「ゲームというジャンルで物語を表現する」という感覚なんですよ。
自分の妄想を形にする手段が、たまたまゲームというジャンルな訳で。

私の作品は、ゲームとしてのシステム的な面白さは正直少ないだろうなぁと思います。
この辺は原作エルヴンでやり尽くしたような感覚です。
とはいえ、確かにゲームというジャンルである以上は、
ゲームという形でプレイヤー様に楽しんで頂くのが筋です。
それも「if要素」が手伝っているのなら本望ですね。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1698-86eb0245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード