激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

「感想」というもの 

創作をやっていて一番嬉しい瞬間は、創作作品への感想を頂いた時です。
いい方面悪い方面問わず、反響があるというだけでも、
作る側としては今後の励みになるというものです。

そんな訳で、私は気に入った作品に対しては、
たとえ作者さんと面識全くなかったとしても、可能な限り感想を送っています。
これは、ネット生活開始当時から全く変わっていないスタンスです。
「作品への感想を作者さんに伝える」ということを繰り返し、
私は創作仲間さんとの付き合いの幅を広げていったのです。

とはいえ、創作作品の作者さんというのも非常に色んな方がいまして、
いい感想も悪い感想も全然拒まないよバッチコーイ!……という人もいれば、
いい感想は欲しいけど悪い感想はよこさないで!……という人もいます。
私もパーフェクト人間なんかではないですし、その辺の判断をミスって、
前者の方はともかく、後者の方を不愉快にさせてしまった事も多々あります。
もちろん誹謗中傷は論外ですし、私はそういった事をした経験は皆無ですが、
「今後これを意識するともっと面白い作品になるんじゃないかな」
レベルの指摘でさえも不愉快になってしまう創作者さんもいらっしゃって、
なかなか感想を送るという行為も難しいものです。

ただ、いずれにせよ、「作品を発表しても反応がない」ということほど、
創作している身としてはつらいものはありませんし、モチベも下がります。
これが原因で創作業界から身を引くという人も中にはいるんですよね。

なので、「この作品気に入った!」と思ったら、
とりあえず作者さんに感想を送ってみましょう。
それに抵抗があったら、ブログやツイッターなどでぼやく程度でOK。
殊にアマチュア創作人に対してはこれが一番の報酬なのです。
もちろん、私も常時、作品への感想は受け付けておりますので!


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1734-0df4bd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード