激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

物語の世界観 

前にも語ったような気がしなくもないですが。

私の作品では基本的に、細々とした世界観設定はほとんどしていません。
ストーリー進行に従い必要なところだけ随所設定しているという感じです。

理由としては、


・作品ごとに世界観使い捨てゆえ、1作品ごと細かく設定したらキリがないし、
 労力の無駄と考えてしまうから

・「この作品の世界観はこうなってますよー」と世界観設定をダラダラ垂れ流して
 受け手側に理解を強要することに抵抗感を覚えるから


……辺りでしょうか。

前者はともかくとして、後者は本当苦手なんですよ。
色んな作品でよく見かけられるんですが、
世界観設定の説明がダラダラと続き、
且つ今後の展開において理解していることが前提で進むとか、
受け手側としては「こんなんやってられっかー!」と思ってしまうんです。
あと、作る側としては、元々私自身自己アピールというものがまっこと苦手でして、
「ぼくのかんがえたさいきょうのせかいかん」的なものを垂れ流すことが
全然できないんです。何か遠慮してしまって。

理想としては、世界観の説明はほんの最小限に収めて、
物語進行に従い自然と受け手側に受け入れてもらうこと、ですね。
自分でもなかなかできないのであまり偉そうなことは言えませんが、
実力者とそうでない人の差はこういうところでも表れるものだと何となく思います。
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1806-115a8d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード