激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

キャラの人間らしさ 

私がキャラを物語中で動かすにあたっては、
「キャラがまるで作者の操り人形」ということを極力避けているつもりです。
キャラは「人形」ではなく「意思を持った生き物」だ、という持論があるゆえです。
また、一般に言う「キャラ」というのもちょっと語弊があって、
キャラが人間の場合、その人は「作中内で動く架空人物」ではなく
「一人の生身の人間」という扱いを「キャラ」とみなしている部分もあります。
そういうキャラメイキング法なので、あまりにも人間離れしている設定を
キャラにつけるのはどうにも苦手というか抵抗感があるのです。
私の作品に人外スペックキャラが少ないのはそれが理由です。

この背景としてあるのは、私はどうにも「異能力バトル物」とか
「俺TUEEEチート無双物」などといった物語が非常に苦手なことです。
接する方でも作る方でもというか、作る方面ではむしろ全くの無理。
「人間が人間をやめたレベルのスペックを持っている」というキャラに
ほとんど魅力を感じないのですね。人間最強級だったら全然大丈夫なんですが。
身体能力的な意味でも内面の人間性的意味でも。
(これはそのキャラが「人間」だったらの話で、そもそも人外はまた別の話)
あと、少女漫画によくある「非の打ちどころのない学園のアイドル系イケメン」
といったタイプのキャラは昔から嫌いだったりします。

これらは多分、人生経験を積んで色んなタイプの人間と関わってきて、
「人間とは」などと考える機会が増えた結果という、
一種の悟りみたいなものがあるかもしれません。
だから、自然と自身の創作作品でもキャラがやたら人間臭くなるのかも。
(私の作品はプレイヤー様の感想で「キャラが人間臭い」とよく言われております)

もちろん、これらはあくまで私の場合ですね。
私が忌避する前述の異能力だの俺TUEEEだのといったものは、
むしろ一般には人気ジャンルであることは重々承知。
そういった嗜好を否定するつもりはありません。
ただ、私の作品に対してそういった要素は一切期待しないでね、というオチで。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1817-79409087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード