激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

表情パターン 

ツクールにおける顔グラ云々については大分前に語ったような気がしますが、
改めて自分のスタンスについて語ってみようと思います。

ほぼ全ての私の作品に共通しているのは、
「キャラに顔グラの表情パターンが一切存在しないこと」です。
リメイクエルヴンは外部素材で存在していますが制作担当は私ではないですし、
今は非公開のPCツクール処女作エルヴン外伝は最大4パターンありましたし、
カトレアも外部素材で各キャラ5パターンありますが、
それ以外はキャラの表情パターンというものが一切存在しません。

その辺の背景にあるものは、大昔の家庭機用ツクールかなぁと。
私のツクール人生の最盛期はRPGツクール3全盛期時代だったのですが、
ツクール3は顔グラ表示機能なんてものはなかったのですね。
(ごく少数、アニメティカを駆使して顔グラを作っていた猛者もおりましたが)
なので、あの時代はテキストだけでキャラの魅力を出すことに注力しておりまして、
その頃から、やたらと「テキストの力でキャラの魅力を引き出そう!」
ということにこだわっている部分があるんです。

そういう面においては、カトレアは表情パターンに頼っていた節があり、
失敗したなぁと思っております(次回作で挽回したい……!)
やはり、私は表情パターンを使ってキャラの魅力を伝える、
という手法が性に合わないのだなぁとつくづく感じました。

今後も恐らく、こういった私の作風が続いていくかと思います。
美麗な表情パターンの多いゲーム作品と比べると、
見た目においてどうしても劣ってしまいますが、
それ以外の面でキャラの魅力を表現していけたらなぁ、と思う次第です。


拍手どうも有難うございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/1890-ab3603c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード