激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

「作って楽しむ」ということ 

創作作品を完成させるために必要なものとして、
「作って(いる過程を)楽しむ」ことがあるんじゃないかなー、と思います。
もちろん、創作作品の評価は結果が全てで、
「頑張って作ったから褒めて!」などというのは基本、通用しません。
あくまで「作品を作り続けるための意欲」という意味でですね。
というか、作者が「作っていて楽しい!」と思えているような作品は、
必然と受け手にもその「楽しい」が伝わると思うのです。

ゲームに要点を絞ると、
私が一昨年から昨年初頭にかけて作っていたゲームがエターなったのも、
雨花ゲーがエターなりかけているのも、
理由は「作っていて全然楽しくなかったから」なんですよね。
前者はともかく後者については、雨花企画が悪いのでは決してなく、
全面的に私が悪いです。作品制作計画段階で既に間違っていた……!

私もかれこれ10作品以上の作品を完成に持っていきましたが、
何も計画書を立てた作品全てを完成に持っていけたわけでは全然ありません。
むしろ、エターなった作品の方が圧倒的に多いです。
この通り、一つの作品を完成させるまでに結構な数の作品を捨ててきています。
「作っていて楽しい!」の感情まで持っていくのが結構大変です(^^;

ゲームプレイヤーが「ゲームを作りたい!」と思うことはあっても、
実際に行動に移して且つ完成してリリースできるのは、
個人レベルだと全体の1%いるかいないかだと思っております。
完成してリリースしたことのある人は、それだけで十分な結果です。
ゲームに限らず、創作活動全般、そうですよね。
「作って楽しむ」というのはクリエイティブ的な稀有な能力なんだなぁと。
それが毎回発動するかというのは別の話なんですけどね。


拍手どうもありがとうございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/2078-84652fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード