激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

沈黙 

昨日は、遠藤周作先生著「沈黙」を読みました。
前にも読んだんですが、まぁ、数年ぶりのことですね。
何か急に読みたくなっちゃいまして。

遠藤先生の作品は他にもいくつか読んでいるのですが、
いやはや、やはり圧倒的なリアリティのある緻密な文章描写が凄いです。
とても生々しく、情景がふっと頭に入ってきます。
情景描写だけでなく心理描写も見事で、
登場人物の感情、思いがひしひしと作品を通して伝わってきます。

また、この作品は「宗教」というものに対しての根源的な問いを投げかけています。
信者が、神を信じ、たとえどんな痛苦を味わっても祈り、救いを求めても、
何故神は「沈黙」を守り続けているのか――。
そもそも神は存在するのか――。
その葛藤に押しつぶされ、本作の登場人物・ロドリゴ神父は、棄教しました。

本作のキーキャラは、間違いなく「キチジロー」ですね。
彼は最初から最後までチラホラ登場し、
キリスト教信者の負の面――といいますか、弱い立場の視点、
というものを彼を通して描いております。
島原の乱以降のキリスト教迫害については、
どうしても「どんな迫害を受けても信じ続ける敬虔な信者」という、
強い面・美しい面(というのも語弊がありますが)が連想されがちですが、
キチジローはその全くの真逆のキャラクター性です。
それがまた、異常なほどのリアリティを生み出しているような気がします。

ここまで熱く語っておいて何ですが、実は私、映画版は見ていません!
……いずれDVDが出たら見ようかなーという魂胆です(^^;
映画を見て初めて興味を持ったという方は、是非とも小説もご覧になってみては?


拍手どうもありがとうございました!
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/2311-fa182712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード