激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

「宵闇に輝く太陽と月」裏話その2 

前回からめっちゃ間が空きましたが、このシリーズです。
そろそろネタバレもあまり自重しませんよー。

ヴィダンの村の例の夜のイベントは、ぶっちゃけ現在非公開の自作品のネタの流用で、
大した新鮮味はなかったりします(^^;
台本制作時は、ソレイユに「この娘は抱いてはいけないような気がする……」
と心の中で台詞を喋らせていたのですが、
これを喋らせたらソレイユとルナの関係性が一発でバレてしまうな、
と思い、ゲーム制作時は削っていたりしました。

なお、ルナの立ち絵を用意しなかったのは、
ただ単にこのイベント内のルナのヴィジュアルの表現に困るから、というだけです。
用意したら下手すればR-15すら怪しくなってしまうので><
とはいえ、私程度の画力でどこまで、という感じもしなくはないですがw

それにしても……。
洞窟の魔物退治依頼のとき、何故ルナをあんなミステリアスな雰囲気にしたのか、
自分でも分かりません; 村長に何かされたわけでもないのに……。
まぁ、ソレイユに対する第六感が働いたとでも思っておきましょうか(^^;
正体については、完全に私の趣味です、ごめんなさい(;´Д`)
昔のFEやハーレクイン辺りから影響受けすぎですな><

ではでは、こんなところで。
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/2345-4b66f850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード