激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

対談日記 その3 

ラシード(以下ラ)「やっと俺達の出番が来たか」
セリア(以下セ)「最近公開した作品なのに、蔑ろにしすぎです、作者さん」
ラ「『たまには構ってやらないとね』が作者談だ。一体どういう……」
セ「所詮は作業ゲーのキャラですからね、私達……」
ラ「ああ。キャラ性もへったくれもない」
セ「うぅ、悲しいです……」
ラ「あんたの悲しみは、俺が癒してみせる。続きから作者に見せつけてやろう」
セ「まぁ! いい歳して独り身の作者さんへの嫌がらせですね!」
ラ「セリア……」
セ「どうしました?」
ラ(たまに、あんたが分からなくなる……ハァ)
セ「?」
ラ「まぁいい、行くぞ行くぞ。そして、拍手有難い、礼を言っておく。
  あと、続きからのネタっぷりを見て不快に感じたらすまない」


1.「RPGツクールVXAce Lite」の話

ラ「昨日配信になったな」
セ「はい。なので私、ツクールwebで情報を見てきました!」
ラ「おい、俺達の住む世界はファンタジーだ、メタ発言は自重した方がいい」
セ「にゅ……」
ラ(不貞腐れるセリアって可愛い……)
セ「? き、気を取り直して! どうやら、相当制約が厳しいみたいですね」
ラ「そうみたいだな。スクリプトはともかく、まさかコモンイベントまで制限とは」
セ「『不満だったら製品版買えゴルァァァ!』……という会社側の陰謀ですね!」
ラ「キャラ崩壊自重」
セ「(´・ω・`)」
ラ「(;´Д`)」
セ「? それはともかく、短編RPGを作る分にはあまり支障なさそうですよ」
ラ「まぁ、凝った事は出来そうもないがな」
セ「ちなみに、作者さんの妹さんのパソコンにインストールしようとしたら、
  パソコン側に急に不具合が起こったので、即刻データ削除したそうです」
ラ「既に製品版のAceをインストールしてあったからだろ」
セ「という訳で、これをご覧のAceユーザーさんは気を付けてくださいね」


2.胃痛の話

ラ「作者の胃痛の話なんか激しくどうだっていいだろ……」
セ「ネタがなかったそうで、苦し紛れに持ってきたみたいです」
ラ「だったらこういう日記の構成をやめればいいだろうに」
セ「なのです!」
ラ「(*´Д`)」
セ「? それはそれとして、どうやら今週火曜辺りから胃腸を壊していたようですよ」
ラ「作者妹が賞味期限1ヶ月オーバーの冷凍魚を食わせたのが原因らしい」
セ「典型的な食中りですね……」
ラ「それを、昨日まで引きずっていたとか。よく医者にかからなかったな……」
セ「作者さんは典型的なおバカさんです」
ラ「全くだ。それに加え、その状況下なのに
  平気でコーヒーや紅茶を飲んでいたというのだから……」
セ「おバカさんです、ぷんぷん!」
ラ「(・∀・)イイネ!」
セ「?」


3.バレンタインの話

ラ「作者、ここぞとばかりに俺達を壊しにかかっているだろ……」
セ「何か私達に恨みでもあるのでしょうか?」
ラ「非リア充の僻み以外の何物でもない」
セ「デスヨネー」
ラ「ヽ(`Д´)ノ」
セ「? とにもかくにも、そろそろバレンタインデーですね」
ラ「そうだな。そして、作者父の誕生日でもある」
セ「プレゼントはケーキを買えと既に厳命を受けているそうです」
ラ「三度の飯よりスイーツが好きという作者父だからな……。糖尿病が心配だ」
セ「しかも、もう還暦ですしね。五度目の年男です」
ラ「もうそんな歳になるのか……時の流れは早い」
セ「私達も、それ以上にずっと一緒にいられるといいですね……キャッ!」
ラ「(^q^)」
セ「? そうそう、バレンタイン当日は私達の漫画をブログに掲載するそうです」
ラ「ネタなら既に考えてあるらしいな」
セ「私達、非リア充人種からエクスプロード食らいそうですね!」
ラ「\(^o^)/」
セ「?」
ラ「……今回、俺達は作者の遊び道具にされるだけで終わったな」
セ「ええ……」
スポンサーサイト

category: 対談

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryuknight.blog119.fc2.com/tb.php/946-2509105f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード