激・桃隆の徒然なる日記&雑記

日常の話やら趣味の創作の話やらを徒然なるままに語っていきます。

 

コンテストの話など 

最近またブログ更新が飛び飛びで面目ないです;
ちょっと心労が半端なくて、それが体の方にも影響を及ぼしており、
動けない状態がままありまして……。
原因は明らかなんですが、あれから数日経っても、
わだかまりやモヤモヤとした感情がまだ残っており、難しいです……。

それはともかく、またコンテスト関係の明るくない話題が上っていますね。
炎上とかするのは嫌なので迂闊なことは言わないでおきますが、
まぁ、運営様は本当、色々と大変だなぁ、と。

コンテストなど、こういった類の挑戦をあえて避けてきた私が、
少し前からやっと挑戦するようになった一番の理由は、「言葉の力」です。
高い賞を取って地位・名誉・賞品(賞金)を得るぞー!……ではないんです。

まぁ、何というか……私の実力へ対しての正当な評価だけで十分なんです。
前回ふりーむコンテスト然り、フリゲ展夏然り、
その道の権威の方から評価の言葉を頂いたことが凄く嬉しかったのですね。
そういえば、大昔、自作ゲームが雑誌掲載採用になった時の
雑誌編集部様からの評価の言葉が嬉しかったなーと、ちょっと懐かしくなりました。

もちろん、その道の権威とかでは全然なくても、
人からの感想とかはめっちゃ嬉しいので、どんどんカモーンですよ!(ダイマ)
あと、誤解なきよう言っておきますが、賞を取りたくないとかでは全然ないですよ!
(「リベンジする」という言葉を忘れているわけではないのでw)


たくさんの拍手どうもありがとうございました!
では、コメント返信ー。反転でお願いします。

>ナルミさん
お祝いのお言葉ありがとうございますー!
私にはもったいないほどの数々のありがたきお言葉、恐縮です……!
ナルミさんにもカトレアシリーズをプレイしていただき、
ご感想も頂きましたので、とても嬉しかったです!
ちょっと最近体調が優れない日が続いているのですが、
何とか今後とも無理ない程度に頑張っていきます、よろしくお願いいたしますーm(__)m

category: 雑記

もう3月 

1年の6分の1がもう終わってしまいました。
時の流れというのは何と早いことでしょうか><
気付けば、健康上の理由で名古屋から実家に一度強制送還になってから、
今月で15年経ちます。そりゃ私も歳を食うわけですなー。

生まれてこの方、インフルエンザにすらかかったことのない私が、
今の病気を患ってから15年経つとか、よく生きているものです。
未だに治る気配がないんですよね……というか一生治らないらしいのですが。
医療福祉制度の発達により私はありがたくも生かされてまして、
日本に生まれてきて助かったと思う次第です。

反面、「人間」というものの本質をつくづく思い知らされた15年間でした。
私自身が色々とやらかしまくったのももちろん、
人から受けた心無い仕打ちもそこそこありました(主にリアル方面で)
それも、ほとんどが医療福祉の仕事に携わっている人間からされた仕打ちなので、
以来、基本的に人間というのは損得勘定でしか動かないんだな、
と悟らざるを得ませんでした。今のところリアルの人間関係限定ですが。
もちろん、家族や心を許した親しい知人友人は除きます。

せめてネット上では人当たりを良くしようと心がけていますが、
そんなこんなで、リアルの私はソウルジェム濁っていますし、重度のコミュ障です。
とはいえ、今の環境は昔に比べてかなり恵まれるようになったので、
これから先もほどほどに頑張って生きていこうと思います。

あ。まどマギネタは、弟の影響で大分知識が付きましたねー。
わけがわからないよ!

category: 雑記

ぐったり 

恐らくはホルモンバランスの乱れが原因で、
最近どうも心身の調子がイマイチで、しんどいです><
休日も寝込んでばっかという、非常にもったいない過ごし方をしていまして、
何とかならないものかと思います;
それでも、自作ゲーがDLされたり、自作ゲーのご感想を頂いたりすると、
一時的にでも元気が出るんですよね。ゲンキンなのも甚だしいですがw

前にも書いたかもしれませんが、
私の作品はよく「ストーリーが分かりやすい」というご感想を頂きます。
はい、どうにも私自身あまり頭が良くないもので、
捻っていたり凝っていたりするようなストーリーはなかなか考えられず、
単純明快ドストレートなものになってしまうのです。
私の作品は、何も考えず「細けぇことはいいんだよ!」という心持ちで
プレイしてくださるプレイヤー様向けなのですが、
重厚で緻密な深いストーリー設計で、伏線など色々計算しつくされており、
説得力バリバリの人物群像劇、といった類の作風を求めているプレイヤー様には
全く向いていない代物となっております。

こんな言い訳をしましたが、私の課題はシナリオ構成であることは確かで、
良く言えば「分かりやすい」のですが、悪く言えば「浅い」のですね。
それもこれも如何せんインプット不足が原因の一つなのは否めないので、
ちょっとしばらく勉強期間とさせていただくかもです……。
って、何度同じことを言えばいいの!\(^o^)/

category: 雑記

もう一ヶ月かー 

本日で、「太陽と月のエトランジェ」公開から一ヶ月経ちました。
お陰様で概ね好評で、嬉しい限りです、ありがとうございます!
まだプレイしていないという方は、是非ともお願いいたします。

前にも語ったかもしれませんが、
本作は、「セゾンの太陽」をプレイしてくださった方々からの、
「続編希望!」というお声から誕生した作品です。
こうして応援してくださっている方々がいらっしゃるというのは、
素直に励みになるものです。大変光栄な限りです。
そんな中、「雪と夜空のゲームセレクト」企画が発動し、
どうせだし、ということで乗っからせていただきました。
とりあか様にも感謝しかありません。

ソレイユとリューヌも、元々は企画用の使い捨てキャラだったはずが、
いつの間にか愛着のある二人になりましたね。
昨今の私の作品は「アルスラーン戦記」の影響が強く、
この二人もご多分に漏れなかったりしまして、
ギーヴとファランギースの影響があるかなーと思っていたんですが、
むしろナルサスとアルフリードですね(^^;
ご存知ない方は是非とも漫画でもいいので読んでみてくださいというダイマw

長くなりましたが、今後とも私の作品をよろしくお願いいたしますm(__)m


拍手どうもありがとうございました!

category: 雑記

火花 

昨日は、又吉直樹さん執筆の小説「火花」を読みました。
前々から興味はありまして、本屋に行ったら文庫版が売っていたので、
これはいい機会と思い、購入した次第です。

いやー、紛れもなく文学でした。大したものです。
話の題材的に、これは確かに、
お笑い芸人にして文才のある又吉さんにしか書けない作品だなーと。

話の題材にしているのは漫才師ですが、
私も含め、創作界隈に関わっている人ならば、
読んでいて共感できるといいますか、支えていたものがストンと腑に落ちる、
そんな感覚が味わえるんじゃないかなーと思います。
特に、創作において色々悩みを抱えていたり、行き詰っていたりする人は、
読んでおいて損はありませんよ。
読了後、得られる「何か」があるかもしれません。

文学とはいっても難解な文章表現はほとんどありませんし、
文体も小難しくなく、非常に読みやすい作品となっておりますので、
まだ読んでいないという方はいかがでしょうか?
個人的に、文庫版最後の「芥川龍之介への手紙」も必見です。


たくさんの拍手どうもありがとうございました!

category: 雑記

プロフィール

FC2投票

FC2投票

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード